コウノドリの未熟児の赤ちゃんは本物?撮影現場の裏話が聞きたい!

コウノドリ 赤ちゃん 本物
Pocket

本記事では、感動のドラマ『コウノドリ 2017』に出演している、『本物』の赤ちゃんについての様々なエピソードを、ドラマ情報とともにお伝えしていきます。

ドラマでは毎回赤ちゃんが出演しているのですが、時には未熟児の赤ちゃんも出演したりと、視聴者からは『え?』となるような場面がありますよね。

ドラマの内容よりも本物の赤ちゃんを起用しているのか気になりますよね?

初めにお伝えしますが、本物ですよ!

本物の赤ちゃんに出演してもらうことで、より一層リアリティのあるお話になっている『コウノドリ 2017』ですが、本物の赤ちゃんに出演してもらうために、色々な注意点が撮影場所ではあるみたいで。

今回は、そんな撮影現場の裏側のついてご説明していきます。

では、早速『コウノドリ 2017』で、かわいい赤ちゃんに会いにいきましょう。

未熟児の赤ちゃんが出演?『コウノドリ 2017』とは?

 

スタッフ

  • 原作:『コウノドリ』(講談社刊)  鈴ノ木ユウ
  • 脚本:坪田 文 矢島弘一 吉田康弘
  • ピアノテーマ・監修・音楽:清塚信也
  • 音楽:木村秀彬
  • 主題歌:『奇蹟』  Uru(ソニー・ミュージックレーベルズ)
  • 取材協力:荻田和秀(りんくう総合医療センター・産婦人科) 豊島勝昭(神奈川県立こども医療センター・新生児科) 室月 淳(宮城県立こども病院・産科)
  • プロデューサー:那須田淳 峠田 浩
  • 企画:鈴木早苗
  • 演出:土井裕泰 山本剛義 加藤尚樹
  • 制作著作:TBS

 

キャスト

  • 鴻鳥 サクラ 役:綾野  剛
  • 下屋 加江 役:松岡 茉優
  • 小松 留美子 役:吉田  羊
  • 白川  領 役:坂口 健太郎
  • 大澤 政信 役:浅野 和之
  • 向井 祥子 役:江口 のりこ
  • 赤西 吾郎 役:宮沢 氷魚
  • 倉崎 恵美 役:松本 若菜
  • 加瀬  宏 役:平山 祐介
  • 四宮 春樹 役:星野  源
  • 今橋 貴之 役:大森 南朋

 

相関図

コウノドリ 赤ちゃん 本物

出典:http://www.tbs.co.jp/kounodori/chart/


スポンサーリンク



本物の赤ちゃんが出演するために撮影時に心掛けている事は?

コウノドリ 赤ちゃん 本物

出典:http://www.tbs.co.jp/kounodori/report/2.html

『コウノドリ 2017』ポスター撮影時、スタンバイ赤ちゃんをライトから守ってあげる綾小路さんと、赤ちゃんの様子。

 

細心の注意で撮影

本物の赤ちゃんは可愛いです。

しかし、産まれてすぐの赤ちゃんの免疫はとても弱いので、撮影には細心の注意をはらっているそうです。

赤ちゃんの撮影時は、医師か助産婦さん、看護婦さんなどが立ち合い、スタッフ、キャストはお風呂に入ってアルコール消毒。

赤ちゃんのシーンは本番一回のみ。

赤ちゃんと赤ちゃんのお父さんお母さんのドラマなので、主役の赤ちゃんがストレスをためないように赤ちゃんファーストで撮影をされているそうです。

 

リハーサルの赤ちゃんはお人形さん

本番に向けて、入念なリハーサルに付き合ってくれているのが、ことらのお人形の赤ちゃんだそうです。

本物の赤ちゃんを抱っこしたことがありますか?

首がすわっていない赤ちゃんをちゃんと、抱っこするのってドキドキしてしまいますよね。

前作ですでに赤ちゃんを抱っこしている綾小路さんや星野さんは経験していますが、新キャストや、ゲストの皆さんはまず抱っこの練習から始めているんでしょうね。

ほんとに赤ちゃん第一で接している撮影現場の様子がうかがえます。

 

本物の赤ちゃんはどうやって出演依頼しているの?

前作『コウノドリ』の時に公式ツイッターで、出演する赤ちゃんについて触れられています。

出産シーンの赤ちゃんは生後1週間の赤ちゃんなのでしょうか?

慎重に慎重に撮影しているのが、ドラマ見ていても感じますよね。

 

新生児集中治療室(NICU)の赤ちゃんの撮影

コウノドリ 赤ちゃん 本物

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/nicu_sp25/17155508.html

NICU(新生児集中治療室)の赤ちゃんは、本当にNICUに入ってる赤ちゃんを病院で撮影しているそうです。

出産した我が子がNICUに入ってるお父さんお母さんは、我が子の心配で精いっぱいなのに、撮影に協力してくれるのは、撮影スタッフと信頼関係を築いているからとのことだそうですが、このドラマの発信するメッセージに、お父さんお母さんたちが共感しているかそ、なのだと思います。

リアリティ追及する『コウノドリ 2017』は、観る者の心を揺さぶるメッセージがたくさん詰まっていますが、それは、撮影に協力する本物の赤ちゃんたちのお父さんお母さんのメッセージが強く含まれているからなのだと思えて仕方ありません。

リアルの産科に関わる現場からのメッセージをご紹介します。

 

『コウノドリ 2017』ってどんなドラマなの?

つらい出産と嬉しい出産が混在する産科。

鴻鳥は、今日も妊婦さんと向き合っています。

両親ともに聴覚障害がある中での出産。

筆談でコミュニケーションをとりながら、お腹の赤ちゃんを想う夫婦。

出産を控えながら、仕事もギリギリまで頑張って産後の復帰を目指すお母さんは、産まれた赤ちゃんに心臓に小さな欠陥があることにショックを受けます。

仕事への復帰をあせる気持ちを抑えつけ、赤ちゃんに向き合おうとしがら、やがて産後鬱に陥って、身を投げる寸前まで追い詰められていきます。

身投げ寸前で止められ、ようやく抑えていた感情を吐き出した彼女ですが、赤ちゃんとの人生は続いていきます。

緊急オペの状態で、帝王切開の同意を求められ、混乱した状態で出産した赤ちゃんはNICUに入ってしまった夫婦。

事態をのみこめないままの出産の上にさらに、未熟児で生まれた赤ちゃんの手術への同意書を迫られ、産科小児科への不信感を募らせていく夫婦。

切迫早産回避のために緊急入院して、産まれてくる子を楽しみにしていたのに、原因がわからぬまま、胎内で死亡してしまった赤ちゃんを出産するお母さんとその夫。

亡くなって生まれた子供にお誕生ケーキを作ってお祝いしからだを洗ってあげて、自宅に赤ちゃんを連れて帰ります。

正直、話が重いので、つらくなります。

でも、これは『作ったお話』でなく『現実に存在するお話』なんだと、改めて思い知らされるのです。

また今作『コウノドリ 2017』では、鴻鳥の後輩下屋が、産科医として成長する中で様々に壁にぶち当たり、悩み苦しむ姿も印象的です。

下屋先生自身の悩みや苦しみでもがく姿は、人間の生き方で、観ている側に問うものがあります。

お話は中盤で、重いお話と下屋先生の苦悩がつらいのですが、底辺に流れる命と向き合うテーマが優しくて、見ている側は、つらいけれど理解できるから、素直な気持ちが溢れてくるんですよね。


スポンサーリンク



『コウノドリ 2017』視聴者は命の大切さを学び、感動してるって本当?

 

まとめ

コウノドリ 赤ちゃん 本物

出典:http://www.tbs.co.jp/kounodori/gallery/4.html

『コウノドリ 2017』に出演している本物の赤ちゃんの、撮影のエピソードなどご紹介してきましたが、いかがでしたか?

リアリティーを追及しているドラマの赤ちゃんに対する接し方の慎重さ、優しさが、ドラマ全体のメッセージとなって、溢れているのを感じますよね。

正解なんてわからない現実に、ドラマは答えを用意しているわけでなくて、ただひたすら、全てを包み込む優しさを底流に感じるから、視聴者は考え、感じ、思い出して。

そしてまた、日々の暮らしは続いていくーそれでいいんだね、そう思わせてくれる作品だなと思います。

ちょっと悩んだり、ふと立ち止まった時、もう一回みたいなぁ、そんな気持ちになったら、もう一度振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

また、本ページの情報はH30年2月時点のものになりますので、ドラマ視聴をしたい方は最新の配信状況を動画配信サイトにてご確認して下さい!
スポンサーリンク

関連記事

陸王 実話 アシックス

『陸王』実話なの?アシックス・ハリマヤ・きねやの関係性は?

明日の約束 原作 事件

『明日の約束』原作の事件について詳しくネタバレ!

ラブラブエイリアン 最終回 ネタバレ

ラブラブエイリアン最終回ネタバレ・感想も!宇宙人との別れが訪れる?